エクスセンスDC XG(改)

ベイトリール

最近はフィッシュマン『上宮則幸』氏の影響で、『ジリオンTW HD』が気に入って仕舞い…練習も此ればかりです。


(海釣りに於いて…、スプール直径36㎜Φの良さを全力で再認識中!)


Yahoo!ショッピング
Yahoo!ショッピング
Yahoo!ショッピング

36㎜スプール・クラス、選り飛ばす為には?


所で…皆さんはジリオンを使っていて、もう少し飛距離が欲しいと思った時…如何してますか?


大半のアングラーさんは、ダイワSLPWの「HLCスプール」を使うと思います。


SLP-WORKS : RCS ベイトキャスティング HLCスプール - Web site
1500サイズ用のG1ジュラルミン製ハイパーロングキャストスプール

軽量高剛性G1ジュラルミン採用の、高性能ワイド・シャロースプール。

ぶっ飛びのワイド・シャロースプール!

(PE1.5号200m)ぶっ飛びのワイド・シャロースプール!


最強のアンタレスDC『エクスセンスDC(改)』


勿論そう云った選択もアリ!なのですが…、


私には別の「頼りに為るリール」が有るので…、其方を使っています。


其のリールとは、37㎜Φスプールの『エクスセンスDC XG(左)』(改)


エクスセンス DC | ベイト(ルアーキャスティング) | リール | 製品情報 | SHIMANO シマノ
PEラインでトラブルレスの遠投性能。新たな制御機構「4×8DC エクスセンスチューン」搭載!





エクスセンスDCと、MGLスプールの組み合わせは最強です!) 



(ノーマルの「アンタレスDC3兄弟」だったら、どの機種も「エクスセンスDC(改)」には勝てません!)


張りの有る!コーティング4本編みが、ベイトリールに最適です。


(そして…此奴には、更為る奥の手「XPモード」と云う最終兵器が存在しているのです)


エクスセンスDC(改)とは?



最初に、(個人的に勝手に名付けた)エクスセンスDC(改)について説明すると…。



エクスセンスDC(改)とは、「MGLスプール」を使う為に、(一部を)アンタレスDC用のパーツに交換した…、「エクスセンスDC」の事。


遣ろうと思った切っ掛けは…、(私には)ノーマルの「37㎜Φ幅19㎜スプール」が如何しても合わなかったので――。


幸い…?同ボディの兄弟機種『アンタレスDC HG』には、(此れもナロー・スプールですが)「37㎜Φ幅22㎜「MGLスプール」が有ります…。



一寸話が逸れますが…


(慣性モーメントの大きい、幅の狭い「ナロー・スプール」は制御が困難)


(他にも数多くのデメリットが有ります)


エクスセンスDCのスプールは、唯でさえ『ナロー・ディープ・スプール』なのに…、22㎜を19㎜にする為に設けたスペーサー部が、スプールの(中心に近い場所では無く)外側にウエイトを乗せて仕舞っている。



スプールの中心に近いウエイトは回転には影響し辛いが、ウエイトが中心から離れれば離れる程…回転に影響を及ぼします。




因みに両機種のスプール重量は…


アンタレスCD MGLスプール 重量 18.2g

エクスセンスDC S3Dスプール 重量 18.8g



何と…

19㎜のナロー・スプールと為り、糸巻き量は減ったにも拘らず、スペーサー替わりに増設した上部の金属面が影響し重量が増えているのです。




トップページ | SHIMANO シマノ
2021年3月22日にオープンした新シマノ釣具製品サイトです。 シマノ釣り製品情報を始め、各種イベント情報など、フィッシングシーンをサポートする情報をご提供する公式サイトです。私たちシマノは釣り具という製品を通じてあなたとご一緒したいと考えます。 海も川も湖も、そこに魚たちがいる限り、人と魚たちとの出会いのドラマは無...


話を戻します


共通ボディなので、単純にレベルワインダーの「ウォーム・シャフト」だけを交換したら、「MGLスプール」が使えるのでは?と閃き



其の前に試しで…、「エクスセンス・チューン・ブレーキユニット」を『アンタレスDC』に取り付けてみたら…、此れが正かの大正解!



アンタレスDC特有のピーキーさが消え、PEラインのトラブル激減、凄くマイルドな使用感に変化



(以前からPE1.5号で使用していたので、其の変化の大きさに驚き…です!)



「ブレーキユニットだけで、此れ程変わって仕舞うのか!」本当に衝撃的でした…。



(アンタレス3兄弟でPEラインを使用する際は、「エクスセンス・チューン・ブレーキユニット」を使う事を御勧めしま~す!)




淡水なら此の侭「アンタレスDC」+「エクスチューン・ブレーキユニット」で良いのですが、



海水ですし「巻取りスピード」を考慮すると…、私には「エクスセンスDC(改)」の方がピッタリ!です。



(勿論…エクスセンスDC(改)は、淡水の釣りにも使えるので超御勧めです!)



ウォームシャフト交換


扨て…、アンタレスDCに依る試し投げで、「MGLスプール」との相性の良さは証明されたので、即「エクスセンスDC」のウォーム・シャフトを交換。




使ってみたら…、矢張り此れも想像通りの高性能!



遣りました~!素人の発想がオリジナルを超えた瞬間です!



驚きの性能UP!


飛距離・安定性が増して、当然…バックラッシュもし辛い



(Pモードのブレーキは、最弱での使用が可能!)



本当に、エクスセンスDCと「MGLスプール」は相性抜群!でした。




幅19㎜ナロー・スプールでPEラインを安定して?使う為に作られた、



「エクスセンス・チューン・ブレーキユニット」と、アンタレスDCの為の、高性能「MGLスプール」が生み出す相乗効果。




※エクスセンスチューン・ブレーキユニットが…、PEラインを使った「MGLスプール」の最高性能を引き出します。



 
 
ノーマルのエクスセンスDCじゃあ!フルスイング何てとても出来ませんでした…、 




でもエクスセンスDC(改)なら簡単、加えて…アゲンストにもフルスイングで投げられる。




全くのノーマル・パーツの流用で、此れ程のチューンが完成します。(何か爽快!)



スプールだけが…


※エクスセンスチューン・ブレーキユニットの不幸は、アンタレス3兄弟中で (大変厳しい意見ですけど…)「元々22mm有った幅を形状変化させて更に狭めた、余り良くは無いスプール」が装備された為、本来の素晴らしい性能を発揮する事が出来ず…、逆にスポイルされて仕舞ったと云う事でしょう。



(御蔭で、誰も…其の素晴らしさに気付け無かったのです!)



だけど…其れが返って良かった?  何故なら、「幅19㎜のナロー・スプール」を使える様にする為には、「優れたブレーキシステム」の開発が絶対条件だったでしょうから…。



19㎜ナロー・スプールの足枷(呪縛)から解き放たれた「エクスセンスチューン・ブレーキユニット」は、本来持つ優れた能力を発揮!したのです。




証明するのはとても簡単。


エクスセンスDCは勿論其の侭、アンタレスDCとアンタレスDC MDにエクスセンスチューン・ブレーキユニットを取り付けて、(同じボディ、同じブレーキユニットで)其の性能(パフォーマンス)の違いを比べてみてください。


先ず最初に、アンタレス2台の劇的な性能変化に驚かれる事でしょう!


そして…同時に、どれが性能的に劣るのか?が一目瞭然。


詰まりは其の(機種の)スプールの性能が低い…、と云う事も理解して貰えると思います。


性能ランキング


余談ですが…、私が(勝手に)考える「アンタレスDC3兄弟」の性能ランキングは、


スプール性能

1.アンタレスDC(37㎜Φ MGLスプール) 

2.アンタレスDC MD(38㎜Φ S3Dスプール)

3.エクスセンスDC(37㎜Φ幅19㎜ S3Dスプール)


ブレーキシステム性能

1.エクスセンスDC(エクスセンスチューンブレーキ)
 
2.アンタレスDC(4×8DCブレーキ)
 
3.アンタレスDC MD(XBブレーキ)


に為ります。 


※詰まり…、エクスセンスDC(改)は、(ノーマルの)アンタレスDC3兄弟の更に其の上を行く、良いとこ取りの「アンタレスDC」なのです。


Pモードの最弱で安定してプラグがキャスト出来る様に為ったなら…、次は「XPモード」に挑戦してみて下さい!



※使用するブレーキのレンジ(範囲)が下がった事で、選り使い易く実用的と為った「XPモード」が、貴方の(キャスト)釣りの選択肢に加わります。



エクスセンスDCファンの皆さんには嫌われたかも…ですが、唯一点スプールだけが適さ無いだけなのです!本当に勿体無い事だと思います。


作業内容

  

(エクスセンスDCを、性能アップさせるカスタム)



遣る事はたった一つ、エクスセンスDCの「ウォーム・シャフト」を、アンタレスDC用の物と交換し、「MGLスプール」を装着するだけ!


ウォーム・シャフトの交換何て、メーカー以外のベイトリールのメンテナンス業者に頼めば、簡単に換えて貰えます。


今回のメイン


此処迄の前置きが非常に長く為り、大変恐縮なのですが…


今回の話のメイン(一番言いたかった事)は…、エクスセンスDC(改)の「慣らし」作業についてでした。

ホント(事前説明が)長くて済みませ~ん!


なので、簡潔に解説します…


初回

リトリーブがスムーズで軽く為り、スプールの回転ノイズが減少。



(此処迄はジリオンTW HDと同じ!)


2回目

スプールのノイズが選り静粛化し、リトリーブがもう一段階軽くスムーズに為ったなと思っていたら…、



あれっ!キャスト後のスプールに残っている糸の量が…、今迄より少ない?



其れに、着水時のブレーキの利きがやや弱い感じ…。


其処から…確認の為、何回もキャストを繰り返して、愈々其れは確信へ――。



来ました~!「慣らし」終了の合図


明らかに今迄とは違う変化。


不思議なのは、飛距離が違うのに、スプールの回っている時間は粗一緒



此れは(同一スプールで)「回転のトップ・スピード」が跳ね上がったが故に、起きた現象なのでは?



自分為りの遣り方でしたが…、漸く実証出来て嬉しいです。



慣らしで特に気を付けなければならない点は、遠投だけを考えた投げ方では無く、「スプールの回転を上げて遣る投げ方」を心掛けると云う事でしょうか? 


 (要は…パワーでゆったり投げるのでは無く、メリハリの効いた(大きな)動きで、初期段階でロッドを曲げて振り切る、そんなスピード感の有るスイングをする事です)



遂に仕上がったエクスセンスDC(改)、でも疑問は…残ります。


たった2回で慣らしが終わったのは、以前から結構投げ込んでいたから?



何故「ジリオンTW HD」は、4回目実施しても変化が起こら無いのか?



其れがスプールの違いからなのか?ブレーキ・システムの違いからなのか?


は謎です。



※遣り過ぎると壊して仕舞うので、注意し乍らジリオンTW HDは続けます。



今現在は、「38mmMGLスプール」「カルカッタコンクエストDC 200HG」の、慣らしを行っています。




人気ブログランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT (コメント)

タイトルとURLをコピーしました